欠点も補って便利に利用できるSIMフリーの格安スマホ

MENU

CLOSE

欠点も補って便利に利用できるSIMフリーの格安スマホ

格安SIMを利用した格安スマホがお得な点は何といってもその安さ

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

スマホ代が今までの半分になることも

MVNO各社から提供されている格安SIMの一番のメリットは、安い料金プランが揃えられているということです。普通のキャリアスマホを利用しているかたの月々の使用料金は6000円から8000円程度、利用サービスによって、または本体を割賦支払いにしている場合などは10000円を超えることも珍しくありません。

それに比べて、格安SIMを利用した格安スマホは安ければ月々1000円台の運用も可能になります。契約するデータ通信量を少なくし、通話回線を契約せずにネット電話を利用するなど工夫をすることで、今までの半分の使用料金にすることも簡単です。

料金体系が基本シンプル

格安SIMは基本的にキャリア携帯と比較して料金体系が非常にシンプルです。キャリア携帯を契約する際には多数ある料金プランはもちろん、割引サービス受けるために契約しなければならないオプションが複雑化しており、どうするのがお得なのかわかりづらいという点があるでしょう。しかし、格安SIMを利用している格安スマホの場合には、用意されているプランがシンプルで一目瞭然のものばかりです。

  • 月々の通信料の上限ごとに設定されているデータプラン
  • 電話機能を付けるなら音声通話プラン

基本はこの2種で、あとは予算に合わせてプランを決めてデータ通信量と通話料が加算されていくだけになります。

煩わしい2年縛りもなし

大手のキャリア会社では他社への乗り換えが容易にできないよう、一定期間内に解約をすると違約金を支払わなければならない縛りを設けています。しかし、MVNOの場合にはこうした契約期間の決まりや違約金自体が存在せず、より安く、自分に最適なプランを他に見つけられれば気軽に乗換えを行うことが可能です。

格安SIMを利用したスマホに関する注意点

469073ee39c13149d5ddb621d1a96b83_s

音声通話プランは通話料金が割高になる

キャリア携帯の場合には無料サービスも付いてくることがあるお得な通話料金ですが、格安SIMの場合にはデータ通信の利用オンリーのプランが存在するなど、キャリア形態と比較して通話に関するサービスにはあまり力を入れていません。

通話料金設定は30秒ごとに20円が基本となっており、よく電話をするという人にとっては逆に利用料金が割高になることがあります。あえてデータプランオンリーに設定し、無料通話アプリを利用するほうがお得になることもあるでしょう。

キャリアメールが利用できない

当然ですが、格安SIMに乗り換えればキャリアメールは利用できなくなります。無料メールサービスへと変更する必要がありますから、仕事などで利用しているかたは注意が必要です。

データ容量の上限が低い

基本的に上限データ通信量は低めに設定されており、それを越えてしまうと通信速度に制限がかかります。上限が高めのプランもありますが、月々の使用量がかなり高くなりますから、せっかくの格安SIMは安いというメリットが損なわれてしまうでしょう。ただし、WiFi利用環境があれば気になりませんし、あえて低めのプランを契約してWifi運用を中心にすれば、もっと格安で利用できます。

デメリットも工夫次第でカバー可能

格安スマホは安い分キャリア携帯に比べると不便な点も目立ちますが、無料アプリなどのサービスが多様化しており、工夫次第でいくらでもカバーして便利に利用することが可能です。

通話料が高ければ無料通話アプリを使ったり、メールも無料でアカウントが作れるものに切り替えたり、通信量の制限が気になればWiFi運用をするなど、キャリア携帯の頃より月額数千円分もスマホ利用料金を削減することが可能です。メリットを知り、デメリットも乗り越えられることができる点を考慮したうえで利用を検討してみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧