格安SIMと格安スマホはセット購入のほうが良い?

MENU

CLOSE

格安SIMと格安スマホはセット購入のほうが良い?

格安SIMと格安スマホのセット購入

近頃では大手キャリアから月額料金の安いMVNOへと乗り換えする方が増えています。MVNOの格安SIMならデータ通信プラン3GBでも1000円以下と言う場合が多いです。さらにセットを用意するMVNOが増えており、格安SIMと格安スマホを同時に入手することが可能です。このセットには別々に購入しなくて済むと言うメリットがあります。

別々に購入する場合、自宅に届いた格安SIMを自分で差し込みし、自分で設定することが必要です。1度設定した経験があれば迷わずに済むものの、面倒なことがありました。そんなときでもセット購入なら面倒な格安SIMの差し込みも設定も不要です。別々に購入した場合、後で格安SIMを差し込みしても使えなかったと言うことがあります。

しかしセット購入なら動作確認済みの格安スマホが届くために安心です。格安スマホから高機能高性能なスマホまで、いろいろなラインナップから選べます。

店舗を持つMVNOも登場

MVNOと言うと大手キャリアのような店舗が無いと言うイメージが強いです。最近では店舗を持つMVNOも登場しており、店頭契約出来るようになりました。店舗を持つMVNOなら分からないことを店員に直接質問出来ると言うメリットがあります。

通信速度や自分に合ったプラン、格安SIM、格安スマホ、データ容量などが分からなくても安心です。その代わりにインターネットと違い、店舗まで出かけることが必要です。

格安スマホの支払方法

格安スマホの料金は一括払い、分割払いと主に2種類あります。余裕が無いため一括払いでは無理と言うときに便利なのが分割払いです。格安SIMの月額料金とスマホの分割払いと併せて支払することが可能です。格安スマホなら毎月1000円以下、格安SIMの月額料金と併せても負担が少ないです。高機能高性能なスマホでも毎月3000円台半ばとなっています。

単体購入と言う選択肢も

MVNOでは格安スマホの単体購入も可能です。新しい機種に乗り換えたいと言うときに便利です。その代わりにセット購入にある割引が受けられないことがあります。単体購入の場合は一括払いのみと言う場合があるため、高機能高性能なスマホを購入するときは注意が必要です。

さらにMVNO取り扱いのスマホに限られると言うデメリットがあります。欲しい機種で取り扱いが無い場合、他で探すしかありません。

ネット通販でSIMフリースマホを購入

ネット通販でスマホを購入すると言う方法もあります。最近ではSIMロックがかかっていないSIMフリースマホがネット通販でも良く見られるようになりました。SIMフリースマホなら大手キャリアのSIMは勿論のこと、MVNOの格安SIMでも差し込み出来ます。ネット通販なら自由に選んで購入することが可能です。

その代わりに動作確認スマホであるか自分で調べることが必要です。格安SIMが届いた後は自分で差し込みして設定することが必要です。

白ロムの中古スマホを購入

もっとスマホ本体の価格を抑えたいと言うときに便利なのが中古スマホです。中古なら新品より価格が安いと言うメリットがあります。既に販売中止と言った機種でも入手することが可能です。最近ではインターネットで中古スマホの購入が出来るようになりました。

しかし中古スマホを購入するときは白ロムであるかどうかを確認することが大切です。白ロムにはSIMが差し込まれておらず、契約者の情報がありません。そのままMVNOの格安SIMを差し込めば使用出来ます。

その他にもインターネットだと中古スマホの状態が見られないと言う点にも注意して下さい。商品状態をアルファベットで表記したり、数枚の画像を掲載したりするなどして状態を分かり易くしているショップもあります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧