SIMフリーは節約にベストな手段!?どのくらい得なのか

MENU

CLOSE

SIMフリーは節約にベストな手段!?どのくらい得なのか

SIMフリーの携帯電話にはメリットがたくさん

c86cf7b6a45dcdd7c3cc0a50605d6d97_s

通常の契約におけるデメリット

通常、携帯電話を所持する際には販売店へ行きその会社の携帯電話を購入し、その会社の電話回線を契約するという流れとなります。この場合、その会社のサービスを受けることはできますが、不要なサービスや月賦は高いものとなるでしょう。また、契約期間もあり自動更新されてしまうため解約するタイミングを見失うといった面倒な問題に悩まされてしまうものです。

他の会社の携帯電話を使いたいと思ってもそうそう簡単に乗り換えられるものではなく、契約期間内に解約してしまうと高額な解約料を取られてしまいます。こうした煩雑な状況から救ってくれるものがSIMフリーの携帯電話です。

SIMフリーってどういうもの?

携帯電話にはSIMと呼ばれる通信を司るパーツが組み込まれています。これが無ければ通話もデータ通信も行う事ができません。そしてSIMは今まで携帯電話会社と紐ついて管理されていたため、SIMと端末は一心同体でした。

ですが近年では携帯電話とSIMを切り離すことができるようになったのです。そのため節約のために格安スマホと格安SIMという組み合わせをすれば月々の携帯電話料金はかなり抑えられるようになりました。携帯電話を買い切りで使用するため携帯電話会社の契約に縛られることはありませんし、SIMは他の端末で使いまわすことも可能です。

SIMの種類にご注意

SIMには大別すると「音声通話が可能なSIM」と「データ通信専用SIM」があります。音声通話が可能なSIMでは携帯電話番号を取得できますが、データ通信専用SIMでは携帯電話番号をもらえません。データ通信専用SIMで音声通話をしたいときにはIP電話のアプリを介して行う事になります。この違いは重要で、例えば110や119といった緊急通報やフリーダイヤルにかけることができないのです。そのためデータ通信専用SIMを利用する際には注意しておきましょう。

携帯電話料金をとにかく節約したい!

437c5d06bf4b15314fb0d8e69f1c7b81_s

格安SIMと格安スマホの組み合わせは経済的

月々の携帯電話料金に悩んでいるなら格安SIMと格安スマホの組み合わせはベストな選択と言えるでしょう。もちろん携帯電話会社では特段お得な契約プランが提示されていることもあるため一概には言えませんが、高額な月賦を支払っている場合、SIMフリーの端末を使えば端末代をあわせ2月ほどで元を取る事ができます。ですがもちろんきちんとした知識が無ければ格安SIMも格安スマホも手に入れづらいものです。まずは格安スマホと格安SIM界隈の概要について知っておきましょう。

格安スマホが充実しつつある

スマートフォンが全世界的に普及した現代では廉価版の市場も盛り上がってきました。ハイエンドタイプの携帯電話より性能は落ちますが、それでも綺麗な画面に十分な応答速度を得られる端末が数千円で買えるのです。驚くべきはこれが中古ではなく新品という事でしょう。SIMの代金と合わせれば1万円弱で使用できる新品の携帯電話を手に入れることができます。様々なものがあるので色々と比較すると良いでしょう。

格安SIMも盛り上がっている

SIMフリー端末が手に入れやすくなったためか格安SIM界隈でもラインナップが増えてきました。携帯電話会社が携帯電話を扱うように、SIMを扱う会社も存在し、こうした会社を「MVNO」と言います。MVNOとはMobile Virtual Network Operatorの略で、日本語で「仮想移動体通信事業者」となるのですが一言で言えば「SIMの会社」です。

事業者には既存のインターネットサービスプロバイダやスマートフォンメーカー、携帯電話会社などが参入している状態です。価格のみならず通信速度もそれぞれ異なるので比較してみると良いでしょう。

上手く組み合わせればかなりの節約になる

現在高額な携帯電話料金を支払っている場合、格安スマホを買い切って格安SIMを使うようにすればかなりの節約となります。もしスマートフォンに対してそこまで性能を求めていないのであればなおさらで、上手く運用すれば月の支払いは1000円程度で済むでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧